名刺交換が終わって席に着いたら、相手の名刺を目の前のテーブル上に置いておくのが一般的です。これは、相手の名前を間違えないためと、その所属・地位等をすぐに確認できるようにしておくためです。

相手が一人だけの場合は、その方の名刺をテーブルの上に直に置かず、自分の名刺入れの上に乗せて置いておく方が丁寧で良いと言われます。名刺をたいせつに扱っている感じが相手に伝わって、好感をもってもらえるかもしれません。

相手が複数となると、そうはいきません。頂いたばかりの何枚もの名刺を、テーブルの上にきちんと並べておくことになります。名刺の並べ方には、特にマナーやルールはありませんが、地位の高い方の名刺から順番に並べておくことが多いようです。しかし、参加者の多い会議となると、どれが誰の名刺だったかわかりづらくなってしまいます。そういうときは、着席順に並べておいたほうが便利でしょう。ただし、テーブルの上に並べるときは、頂いた名刺を相手の方の分身だと思って丁寧に扱ってください。また、会議の場では、各自がパソコンを持参して使用することが一般的になりましたし、資料をテーブル上に広げなければならないこともあります。並べてある名刺が邪魔になってしまいます。あらかじめそのことを考えて、並べる場所を決めましょう。

頂いた名刺をポケットやバッグの中に仕舞うのは、会議が終了して退出する直前が良いでしょう。あるいは、相手の方がこちらの名刺を仕舞ったときに、こちらもさりげなく名刺を仕舞いましょう。先方がまだ名刺をテーブル上に置いているにもかかわらず、こちらが先に仕舞うというのは、いささか僭越な態度のように受け取られるかもしれません。

名刺は相手の方の分身だという気持ちを、忘れないでください。

関連記事

ページ上部へ戻る