グラフィックで名刺を印刷しました。

グラフィック graphic で印刷した名刺は、商品名が「名刺」、印刷が「オフセット」・「片面カラー」、用紙が「上質180kg」の150枚です。「名刺」は25枚・50枚・100枚でも注文できますが、150枚という多めの枚数を選んだのは、たまたまキャンペーン特価でその税込価格が1,020円(通常税込1,280円)、1,000円以上の注文で送料無料になるからです。
グラフィックの公式サイトはこちら

【 グラフィック 「名刺」 の仕様 】
・サイズ     55 x 91mm
・用紙      100種類以上の用紙から自由に選択できます。
 ※名刺注文1件につき、自分で組み立てる紙製・名刺ケースが1点付属しています。プラスチック製の名刺ケースは1個50円です。


グラフィックの名刺の画質は、名刺印刷としてはとても優れています。これは、印刷方式と印刷機の性能によるものと思われます。

グラフィックのホームページには、名刺の印刷方式として「オフセット」と「オンデマンド」という選択肢があります。しかし、オフセット印刷はポスター、雑誌、折込チラシなどの大量印刷に適した方式であり、名刺のような少量印刷(=オンデマンド印刷)には向きません。この「オフセット」という選択肢は、恐らくデジタルオフセットのことを指しているのでしょう。

グラフィックの名刺ラインナップ

デジタルオフセットという言葉は、ヒューレット・パッカード社(現在のHP Inc.)が自社の印刷システムに対して用いた呼称です。従って、「オフセット」の名刺では液体トナーの液体トナー印刷機が使用されているものと思われます。液体トナー印刷機によるオンデマンド印刷の画質は、粉末トナーレーザープリンターによるオンデマンド印刷よりも優れています。

小さな段ボール箱の梱包

プロフェッショナルなグラフィック。簡単派のグラフィック・ビズ。

今回の注文で使用した用紙は、名刺用として標準的な厚さの連量180kg(用紙1連=1,000枚の重量が180kg)の上質紙(パルプ100%の非コート紙)です。上質紙はインクジェットと相性が良いので選択しました。しかし、印刷物の注文に不慣れな人には、100種類以上もリストアップされている用紙の中から最適な用紙を選ぶことは難しいでしょう。

また、グラフィックのメインサイトで注文するときには、Adobe Illustrator、Photoshop、Acrobat や DTPソフト(デスクトップパブリッシングの編集ソフト)の Adobe InDesign、Quark XPress などで制作したデザインデータをアップロードしなければなりません。デザインの素人には壁が高いプロ向きのサイトです。

グラフィックの名刺注文ページ

そこで、個人的に名刺を作りたい一般の人には、初心者にもやさしい姉妹サイト、グラフィック・ビズ graphic BIZ が向いています。グラフィック・ビズでは、名刺のデザインテンプレートはあまり充実していませんが、Web上で無料デザインツールを使って自由に編集することも、自宅で作成した完全原稿の画像ファイルをアップロードして注文することも可能です。ただし、グラフィック・ビズの取り扱い名刺は、「名刺」、「女性名刺」の2アイテムだけです。また、選択できる用紙の種類も限られています。

グラフィック・ビズのWebデザインツール

グラフィックの公式サイトはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る