チラシ印刷3社を作成比較!おすすめランキング【画質比較】【激安サイト】

Adobe Illustrator で作成した同じ画像データを各社に入稿し、印刷して画質を比較しました。

入稿した元データです。

チラシ印刷おすすめ1位
ビスタプリント

ビスタプリントで作成したチラシ(写真部分の拡大)

ビスタプリントで作成したチラシ(写真部分の拡大)

チラシ制作のプロでなくても利用しやすいサイトです。

ビスタプリントのチラシ印刷では、A5、A4、B5、B4 のチラシを注文することができ、A5、A4 にはデザインテンプレートが合計 8,400種類以上も登録されています。

このデザインテンプレートは、貼り込まれている文字を変更するだけですぐに印刷を注文することができます。また、テンプレートの写真・イラストや文字は自由に変更することができますので、自分で用意した写真などを使い、テンプレートをベースにしてオリジナルのデザインを制作することも可能です。

イラストレーターやフォトショップで作成した完全データを入稿してチラシを注文することもできます。その場合も、ビスタプリントの指定するサイズで画像データを作成し、デザインテンプレートと同じデザイン枠に貼り込むだけですから実に簡単です。ただし、他社ほど大容量のデータを入稿できないなど、プロのデザイナーには使い勝手が悪い点もあります。

ビスタプリント 文字印刷

ビスタプリント 文字印刷の画質(拡大)

文字もはっきりと綺麗に印字されています。

ビスタプリントのチラシ印刷は、個人商店のセールチラシや地域活動・グループ活動のイベントチラシのように、広告業者に頼らずに小部数のチラシを簡単に自作したい人たちに向いています。

もっとも、印刷通販のニーズは少部数でも安く簡単に作れるところにあると思いますので、当サイトでは一番入稿が簡単でわかりやすく簡単だったビスタプリントを1位とさせていただきました。

ビスタプリントのチラシはスマホ (iphone/android)やipadからも簡単に作成可能です。

ビスタプリントの公式サイトはこちら【画質比較】ビスタプリントで A4チラシを印刷しました。【失敗談あり】チラシ印刷比較・レビュー・評価・口コミ

チラシ印刷おすすめ2位
グラフィック

グラフィックで作成したチラシ(写真部分の拡大)

グラフィックのチラシは写真やイラストの印刷も良好な仕上がりですが、最も優れた長所は文字印刷の美しさです。

チラシのニーズとしては、企業や商業施設・店舗等の販売促進と公的機関や企業・団体による告知啓蒙活動が主なものです。広告目的は、商品・サービスの情報と魅力や告知内容を訴求対象の人々に効果的または正確に伝えることです。従って、チラシは手に取って読んでもらわなければならない媒体ですから、文字表現が写真などのビジュアル表現以上に重要であり、文字印刷の美しさはチラシで最も重視すべきポイントです。

グラフィック文字印刷の画質(拡大)

グラフィックのスミ文字(K100%)を拡大して見ると、最小の2ポイントの文字でもエッジがはっきりしていて、精度の高い文字印刷を実現しています。商業印刷全体では、法的規制がなくても、8ポイント未満の文字を極力使用しないことが常識だと思いますが、広告でも制作者の良識として、読みにくさで訴求力を削ぐ小さな文字を使用すべきではありません。その点で、文字印刷の精細さに優れ、比較的に小さな文字でも読みやすいグラフィックのチラシは、文字を中心としたチラシデザインの表現の幅を広げてくれます。

グラフィックは文字印刷の美しさが際立っています。

グラフィックの公式サイトはこちら

グラフィックで A4チラシを印刷しました。チラシ印刷比較・レビュー・評価・口コミ

チラシ印刷おすすめ3位
ラクスル

ラクスルで作成したチラシ(写真部分の拡大)

ラクスルは、自社工場を所有せず、全国の多数の中小印刷業者と提携して印刷サービスのネットワークを構築している新しいタイプの印刷会社です。そのため、ラクスルならではの印刷の特徴や優れた個性のようなものは感じられません。しかし、そのような業者間の連携で安定したサービスを提供するために、提携会社の印刷品質に一定の基準を設け、それによって地域にかかわらず一定品質の印刷サービスを実現しているものと思われます。実際、注文したチラシは、文字も写真も良好な仕上がりでした。

ラクスルへの注文で最も感心させられたのは、入稿時のデータチェックが徹底している点です。データチェックは、まず入稿前に「ご利用ガイド」の詳細で分かりやすい「入稿前チェックガイド」を参考にして注文者が行い、入稿後にはラクスルが再度データチェックし、問題がなければ「PDF確認」のメールが届いて注文者が最終確認を行い、これで初めて注文受付が完了します。この間、入稿日から数えて一両日を要しますが、丁寧な注文受付方法によって確実に注文通りのチラシを印刷することができます。

ラクスル文字印刷の画質(拡大)

ただし、3pt〜2ptの文字の印字は他2社に比べると少々滲んでいて潰れているように見えます。実際に3pt〜2ptの文字を印字することはほぼないでしょうから、ラクスルのチラシを単体で見た時は気になりません。

ラクスルは入稿時のデータチェック体制が優れています。

ラクスルの公式サイトはこちら

ラクスルで A4チラシを印刷しました。チラシ印刷比較・レビュー・評価・口コミ

3社の特徴・目的別比較

今回印刷した3サイトの中で、価格・画質・納期など重要ポイント別のおすすめベストワンをご紹介します。

料金が一番安いのは?
ラクスルです。

A4 100枚 756円 (税込、送料無料)

ラクスルのチラシ印刷は3社の中で最も低価格です。A4 または B5 チラシ・フライヤー印刷が 756(税込、送料無料)です。

この価格の注文パターンは、印刷部数 100部コート紙・連量90kg片面4色印刷出荷日は受付日から10営業日後(注文が確定した日から土日祝日を含めて10日後の発送)という条件で注文した場合です。

・用紙サイズ     A4 (210 x 297mm) または B5 (182 x 257mm)
・用紙の種類     光沢紙 (コート)
・用紙の厚さ     標準 (90kg)
・片面印刷      片面カラーのラジオボタンON
ラクスルの公式サイトはこちら

画質が一番いいのは?
グラフィックです。

写真部分や印刷色見本を見ても各社の画質に大きな違いはなく、まったく優劣が付けがたいです。強いて言えば、赤ちゃんの顔色やシーツの発色、家族写真の子供が着ているシャツのボーダー柄やネック部分の発色などは、グラフィックの写真が元画像に最も近いと思われます。

グラフィックの公式サイトはこちら

 

納期が一番早いのは?
(追加料金を払えば)グラフィックです。

グラフィックのチラシは、「当日納期」から「10日納期」まで 8段階の納期の選択肢が用意されていて、注文者が自由に設定することができます。

当日納期」は、13時までのデータ入稿で当日中に発送され、最速の納期です。次に速い「1日納期」は、24時までのデータ入稿で翌日に発送され、以下、「10日納期」まですべて同様です。(※ グラフィックのチラシ納期には土日祝日も含まれます。)

ただし、同じ仕様と数量のチラシを注文しても、料金は納期が遅いほど安くなり、早いほど高くなります。当サイトが「10日納期」で注文したグラフィックのチラシの料金(税込、送料無料)は 2,110でしたが、これを「当日納期」で注文すると 4,610になります。

グラフィックの公式サイトはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る