完全無料の名刺作成ソフト(ダウンロードソフト)は、けっして多くありません。
しかし、名刺作成ソフトをダウンロードせずとも、WEB上で快適に名刺を作成できるサービスもあります。

ソフトをダウンロードしなくとも無料で自由な名刺作成が可能なサイト

ビスタプリント 名刺印刷 ウェブ編集ソフト

ビスタプリント 名刺印刷 ウェブ編集ソフト

使いやすく自由度が高く、操作が簡単で、そのまま印刷もできる名刺作成サイトとして、
ビスタプリント」の名刺印刷があります。約5000種以上の膨大なテンプレートがあり、
ロゴや写真の配置も可能で、シンプルから凝ったデザインまで作れるのでおすすめです。完全オリジナルのデザインも作ることができます。ソフトはもちろん無料で使えます。
ビスタプリントの公式サイトはこちら
ビスタプリントの名刺を印刷。長所と短所は? 同じデータで比較・ レビュー・口コミ

無料ソフトをインストールして編集するソフト

数少ないフリーソフトの中から信頼性の高いソフトとして、エーワンコクヨマクセルの名刺作成ソフトを紹介します。

この3社のソフトは、いずれも自社の名刺用紙に印刷することを前提として作られていますが、他社の用紙でも同一規格のものであれば問題なく使用できるはずです。ただし、A4縦長サイズの用紙で他社製品を使用するときは、まずA4コピー用紙などにテストプリントし、印刷位置が合っていることを確認してください。

無料名刺作成:ラベル屋さん 9  by エーワン

Web版とダウンロード版の違い

ラベル屋さん9には、サイトページ上で編集してプリンタに出力できるWeb版とPCにインストールするダウンロード版の2種類があります。機能や動作環境は同じですが、ダウンロード版はインターネットに接続しなくても使用できます。しかし、Web版は起動ドライブの空き容量を減らさずにすみ、また、つねに最新のソフトを使用できるというメリットもあります。普通にインターネットを利用している人にはWeb版がおすすめです。

直観的に使えるフリーレイアウトのデザイン画面

デザイン画面の初期設定はオブジェクト(デザイン要素)が何も貼り込まれていない白紙の状態で、完全オリジナルの自由編集が始められます。名刺10枚が2列5段に配列されたA4縦長サイズの用紙を使う場合、デザイン画面には横長の名刺枠が表示されます。縦長の名刺を作成したいときは、画面の上段中央部にある「編集面の回転」ボタンをクリックして、名刺枠を90度回転させます。

豊富なテンプレートを使った自由編集

デザインテンプレートを表示

デザイン画面の左肩にある「テンプレート」ボタンをクリックすると、デザインテンプレートの選択画面が現れます。横型・縦型などの名刺タイプ別にプライベート用、仕事用などの豊富なテンプレートが揃っています。テンプレートを選択すると、貼り込まれているすべてのオブジェクトが左側の「オブジェクトリスト」に表示されますので、オブジェクト名をクリックして変更や削除が自由に行えます。

テンプレートのオブジェクトを変更

充実した編集機能で納得のデザイン作業

文字入力は、PCにインストールされているほとんどのフォントが使えます。「フォント」メニューは個々の書体で表示され、適当な書体を探しやすくなっています。また、文字入力のタイプには「通常文字」・「円周文字」・「3D文字」の3種類があり、「通常文字」・「円周文字」では修飾効果として影と縁取りを設定することもできます。

文字・画像・図形などのオブジェクトは、マウスでドラッグして移動・回転や拡大・縮小させることができ、直観的な操作でデザインを組むことができます。しかし、画面の左下隅にある位置・サイズ・角度の数値入力欄や「整列ツールバー」によって個々の正確な配置設定をすることもでき、精密なデザイン作業が可能です。

ラベル屋さん9の動作環境

Windows 7、8、8.1、10
CPU : Intel Core 2 Duo 2.33GHz以上
メモリ : 1GB以上
ディスプレイ : 解像度1024×768以上、High color(16bit)以上
ブラウザ : Mozilla Firefox 17以降、Internet Explorer 8以降、Safari 5
※Google Chrome、Microsoft Edgeは非対応。

OS X 10.9~10.11、macOS 10.12
CPU : Intel Core Duo 1.83GHz以上
メモリ : 1GB以上
ディスプレイ : 解像度1024×768以上、High color(16bit)以上
ブラウザ : Mozilla Firefox 17以降、Safari 5、6
※Safari 7以降は非対応。

無料名刺作成:合わせ名人 4  by コクヨ

合わせ名人4には、ラベル屋さん9と同様、Web版ダウンロード版の2種類があります。機能面ではまったく同じですので、インストールと更新が不要というメリットからWeb版をおすすめします。

合わせ名人4は、構造面・機能面でラベル屋さん9にとてもよく似ています。ただし、名刺印刷に限って言えば、合わせ名人4はビジネスニーズ偏重のソフトという印象を受けます。名刺のテンプレートはいずれもオーソドックスなデザインで、しかも点数が少なく、プライベート名刺のニーズをあまり考慮していないようです。また、文字・デザインの変更に手間取ることや、不要なオブジェクトを削除できないこと、画面表示の文字列の字間がまちまちで文字サイズの変更によっても変化することなど、使い勝手の悪い点が見受けられます。

デザインテンプレートで名刺を作る

デザイン画面の右肩にある「テンプレート」ボタンをクリックし、「ギャラリー表示」にしてテンプレートを選択しました。このテンプレートの背景画像を生かして、和文・欧文氏名だけのシンプルな名刺を作ってみます。

和文・欧文氏名の入力文字とフォント・サイズ等を変更しました。フォント・サイズ等の変更は「文字」メニューの「基本1」のタブで行い、入力文字の変更は「基本2」のタブで行います。
住所等のオブジェクトは不要ですから、左側の「オブジェクトリスト」で「印刷不可」を指定しました。
背景画像を名刺全面にレイアウトしたいので、印刷位置がずれないことを前提として、「画像1」を枠の外まで拡大しました。

左側の「オブジェクトリスト」の上にある「全面」ボタンをクリックし、出来上がったデザインを用紙全体にコピーしました。

合わせ名人4の動作環境

Windows Vista、7、8、8.1、10
CPU : Intel Core 2 Duo 2.33GHz以上
メモリ : 1GB以上
ディスプレイ : 解像度1024×768以上、High color(16bit)以上
ブラウザ : Mozilla Firefox 24以降、Internet Explorer 8以降
※Google Chromeは非対応。

Mac OS X 10.6以降
CPU : Intel Core Duo 1.83GHz以上
メモリ : 1GB以上
ディスプレイ : 解像度1024×768以上、High color(16bit)以上
ブラウザ : Safari 5以降、Mozilla Firefox 24以降

無料名刺作成:ラベルプロデューサー  by マクセル

ラベルプロデューサーは、1999年、Windows 98のときに作られたレガシーなソフトです。機能・デザインともにXPのころからあまり変化していないように感じられ、Web版のサービスはなく、ダウンロード版をPCにインストールしなければなりません。また、対応OSはWindowsのみで、Macでは使えません。

ラベルプロデューサーの動作環境

Windows 7、8、8.1、10
CPU : FSB 1GHz以上
メモリ : 1GB以上
ディスプレイ : 解像度800×600以上、High color(15bit)以上
ブラウザ : Mozilla Firefox 24以降、Internet Explorer 8以降
※Google Chromeは非対応。

名刺の自由編集を手軽に楽しめます。

ラベルプロデューサーは、ラベル屋さん9などと比べるとシンプルなソフトです。デザインテンプレートもありません。しかし、PCにインストールされているほとんどのフォントを使用でき、たくさんの背景画像が使え、写真・イラスト・図形の貼り込みとサイズ調整、移動、回転などが自由に行えます。名刺を自由編集するのに必要な機能を十分に備えていますので、複雑・繊細なデザイン作業よりも直観的で手軽な名刺作りを楽しみたい人に向いています。

関連記事

ページ上部へ戻る