【激安です】引っ越しはがきが安い4社を比較 2018年

引っ越しはがき印刷比較おすすめ

引っ越しはがき比較(私製はがき)

私製はがきとは、別途切手を購入して貼る必要のあるはがきのことです。

引っ越しはがき
印刷会社名
20枚価格
(私製はがき)
100枚価格
(私製はがき)
宛名印刷
1件の価格
送料
ビスタプリント
引っ越しはがき

1166円
★最安値
0,2008円
★最安値
500円
挨拶状ドットコム
引っ越しはがき

4104円0,6480円無料(1/4まで)324円
らくらく挨拶状
引っ越しはがき

1980円0,4550円25円450円(沖縄・離島600円)
Cardbox
引越しはがき

4320円0,8208円30円260円
人気はがき印刷4社で比較した引っ越しハガキ(私製はがき)の印刷料金の最安値はビスタプリントです。

引っ越しはがき比較(郵便はがき/官製はがき)

郵便はがき/官製はがきとは、切手の代わりになる絵があらかじめ印刷されていて、そのまま郵便ポストへ投函できるはがきのことです。切手を買って貼る必要はありません。

 20枚価格
(郵便はがき)
100枚価格
(郵便はがき)
宛名印刷
1件の価格
送料
挨拶状ドットコム
引っ越しはがき

0,5344円12680円無料(1/4まで)324円
らくらく挨拶状
引っ越しはがき

0,3220円
★最安値
10750円
★最安値
25円450円(沖縄・離島600円)
Cardbox
引越しはがき

0,5360円13408円30円260円
切手を貼らずに投函できる「郵便はがき」の印刷料金最安値はらくらく挨拶状です。

切手を含めた金額で一番安い引っ越しハガキは?

私製はがきで最安値のビスタプリントは、別に切手を購入して貼らなければいけません。
切手を貼った場合、切手を貼らなくても投函できる「郵便はがき」の最安値「らくらく挨拶状」と比較してどちらが安いのか計算してみましょう。

ビスタプリントで20枚印刷の場合

切手代は 82円×20枚=1,640円
印刷代プラス切手代で 1640+1166=2,756円

郵便はがきで一番安いらくらく挨拶状の郵便はがき(切手不要)は、20枚で3,220円なので、
切手を自分で貼るなら、切手代を含めても総額2,756円ビスタプリントが最安値です。

ビスタプリント 割引クーポン
ビスタプリントが全商品500円オフクーポン配付中!
クーポンコードはこちら→D035VU
※公式サイト右上の「お詫びクーポンのご案内」をクリック!
有効期限:2019年10月31日(日)

ビスタプリントの公式サイトはこちら

ビスタプリントではがきを印刷しました【同じデータで画質を比較】レビュー・評価

引っ越しはがき(私製はがき)最安値はビスタプリント

引っ越しハガキのデザイン ビスタプリント

引っ越しハガキのデザイン ビスタプリント

私製はがきでの引っ越しはがき印刷最安値は「ビスタプリント引っ越しはがき」に決定しました。20枚の価格が1166円。100枚の価格が2008円ということで、これは他社と比較してもぶっちぎりの安さと言えます。ビスタプリントはフォトブック分野でも質、価格のバランスが非常に優れている評判の業者です。

正直なところ、引っ越しはがきはその他の暑中見舞いや年賀状などと比べて毎年必要になるものではありません。それに出す相手も限られます。

そのため、引っ越しはがきに何を優先的に求めるかについては個人差もとても大きく、「とにかく安さが一番」という人もいれば「自分好みのデザインがあるかどうか」という人もいます。

しかし、いずれにせよ「高ければ高いほど良い」という人など存在しませんから、まずは安さで比較することには大きな意味があるわけです。

引っ越しはがき(私製はがき)
  • 私製はがき(切手が別に必要)の安さナンバー・ワンはビスタプリント
  • 20枚で1166円
  • 100枚で2008円

私製はがきで引っ越しの挨拶を出そうとしている方については、まずはビスタプリントを候補の筆頭に挙げてみてはいかがでしょうか。

ビスタプリント引っ越しはがき長所と短所

ビスタプリントの最大の長所はなんと言っても「安さ」です。前述した通り、私製はがきでの引っ越し印刷は1166円(20枚)・2008円(100枚)という価格設定はかなりインパクトがありますね。

ただ、ビスタプリントにも短所はあります。それは官製はがき・郵便はがきでの印刷サービスが無い点です。これらのはがきを使って引っ越しの挨拶を出そうと考えている人はビスタプリントを利用することができません。

また、宛名印刷サービスが行われていない点も短所と言えるでしょう。つまりこれらの便利サービスをカットすることによって私製はがきでの驚異的な安さが実現できているとも言えるわけです。やや使う人を選ぶかもしれませんが、安さ一番という人にとってはベストな選択と言えるのではないでしょうか。

ビスタプリント引っ越しはがきの長所と短所まとめ
  • 長所:とにかく安い!1166円(20枚)・2008円(100枚)
  • 短所:宛名印刷サービスが無い
  • 短所:官製はがき・郵便はがきが利用できない

ビスタプリントの公式サイトはこちら

引っ越しはがき(郵便はがき/官製はがき)最安値はらくらく挨拶状

挨拶状引っ越しはがき

らくらく挨拶状引っ越しはがき デザイン

郵便はがき/官製はがきでの引っ越しはがき印刷最安値は「らくらく挨拶状引っ越しはがき」となりました。価格は20枚で3220円、100枚だと10750円になります。ハガキ代そのものがかなり大きいことを考えればこの金額がいかに安いかよく分かりますね。

私製はがきでトップだったビスタプリントは郵便はがき/官製はがきでの引っ越し挨拶印刷サービスを実施していません。(自分で切手を貼る必要があります。)その点も勝負を決めるポイントとなったと言えますね。

郵便はがき/官製はがきの場合は宛名まで印刷が済んでしまえばあとはそのまま投函できるというメリットがあります。とにかく手間をかけたくないという人の場合は郵便はがき/官製はがきの方が使い勝手が良いと言えますね。枚数が多い場合や、日頃忙しい人の場合は特に利便性の高さには心惹かれると思います。

引っ越しはがき(郵便はがき/官製はがき)
  • 郵便はがき(切手不要)の安さナンバー・ワンはらくらく挨拶状
  • 20枚で3220円
  • 100枚で10750円

らくらく挨拶状の公式サイトはこちら

らくらく挨拶状引っ越しはがき長所と短所

らくらく挨拶の引っ越しはがきの長所は官製はがき・郵便はがきでの印刷価格がとても安い点です。印刷後すぐに投函することができますからとても便利ですね。一方、らくらく挨拶状の短所は送料が若干高い点です。基本送料は450円ですが、沖縄・離島については600円となっています。このあたりはもうちょっと改善して頂きたいですね。

らくらく挨拶状引っ越しはがきの長所と短所まとめ
  • 長所:官製はがき・郵便はがきでの印刷コストが安い!
  • 短所:送料が他社に比べて高い

らくらく挨拶状の公式サイトはこちら

挨拶状ドットコム引っ越しはがき長所と短所

挨拶状ドットコムはその名の通り幅広いジャンルの挨拶状印刷サービスを手がけています。品質もハイレベルで人気も高いのですが、ややお値段が高めという点が弱点と言えるでしょう。ただ、大きな長所としては宛名印刷がキャンペーン期間限定ではあるものの無料で行えるという点です。宛名印刷サービスの利用を考えている人にとってはこれは大きいですね。キャンペーンは1/4までの予定ですが、他の時期でも実施されている事がありますので小まめにサイトをチェックした方が良いでしょう。

挨拶状ドットコム引っ越しはがきの長所と短所まとめ
  • 長所:ジャンルが幅広く選択肢がいっぱい
  • 長所:宛名印刷無料!
  • 短所:印刷価格が若干高め

挨拶状ドットコムの公式サイトはこちら

Cardbox引越しはがき長所と短所

Cardbox引っ越しはがきの長所はサンリオキャラクターを使ったデザインを選択できる点です。これは他の業者にはあまりない特徴で、キャラクターファンにとっては非常に魅力的だと言えます。一方Cardboxの長所は価格が高いこと。値段については他社よりも二回りくらい高めの設定ですから、「品質勝負」な業者であると言わざるを得ませんね。

Cardbox引っ越しはがきの長所と短所まとめ
  • 長所:多彩なデザイン。サンリオキャラクターも選べる。
  • 短所:値段は高め。大量印刷は厳しいかもしれません。

Cardboxの公式サイトはこちら

おしゃれなデザイナーズイラストを使った引っ越しハガキをつくりたい

brother引っ越しはがきダウンロードサイト
https://online.brother.co.jp/ot/dl/Contents/greeting/moving/

上記はbrotherが運営する引っ越しはがきのテンプレートがダウンロードできるサイトです。
デザイナー・イラストレーターによるおしゃれなデザインの引っ越しハガキテンプレートがダウンロードできます。

ダウンロードしたおしゃれな引っ越しはがきテンプレートはオンラインで自由編集可能なはがき印刷サイトで簡単に印刷ができます。

オンラインで自由に編集ができるはがき印刷サイトで印刷しよう

引っ越しはがきの編集画面 ビスタプリント

ビスタプリントのウェブ編集ソフトなら、上記でダウンロードしたおしゃれなテンプレートを配置して自由な引っ越しはがきが作れます。

ビスタプリントの公式サイトはこちら

引っ越し挨拶はがきはいつ出す?

遅くとも半年以内には出すようにします。理想としては1ヶ月以内に出します。

油断していると忘れてしまいがちな引っ越しの挨拶はがき。住所変更などの必要性もありますから、例えばお中元やお歳暮、年賀状のシーズン近くに引っ越した場合はなるべく早く連絡しておきたいところです(転送サービスもありますが)。

仲の良い友人や家族、親戚であればメールやLINEなどで挨拶や住所変更の連絡を済ませてしまう人も多いと思います。しかし、会社関係や仕事の取引先、お世話になった恩人や恩師などに対してはきちんと引っ越し挨拶のはがきを出すのが正しいマナーです。

引っ越しはがきは遅くとも半年以内には出すようにします。理想としては1ヶ月以内ですが引っ越し直後というのはいろいろな雑用が多くはがきを出すのが延び延びになってしまうものです。引越し先の住所は予め分かっているわけですから、事前に印刷サービスを利用してはがきを用意しておくと良いでしょう。引っ越してすぐにポストへ投函するだけの状態にしておけば出し忘れも防ぐことができますし、礼儀正しい人物だと改めて評価されることでしょう。

引っ越し挨拶はがきの例文

引っ越しの挨拶はそれほどかしこまる必要はありませんが、シンプルにまとめることが大切です。特に仲の良い友人などの場合はその限りではありませんが、直接自宅に足を運ぶことのない相手に対しては必要最低限の内容でかつ丁寧に、失礼のないよう報告するよう心がけましょう。

引っ越しの挨拶例文①

このたび下記の住所へと転居いたしました。
お近くにお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

引っ越しの挨拶例文②

このたび転居しましたのでお知らせ致します。
お手数とは存じますがお手持ちの住所録などをご変更頂ければ幸いです。
今後とも変わらぬお付き合いの程、宜しくお願いいたします。