名刺印刷の摩擦に対する耐久性(耐摩耗性)をチェックするために、各サイトの名刺の同じ場所をトンポ鉛筆のプラスチック消しゴム「モノ消しゴム」で30回こすり、その影響を比較してみました。

摩擦に対する耐久性の評価は、以下の 4段階で表示します。

Class A   消しゴム30回で影響がまったく見られない
Class A-  消しゴム30回で影響がわずかに見られる
Class B   消しゴム30回で影響がはっきりと見られる
Class C   消しゴム30回で印刷が消える

Class A-
消しゴム30回で影響がわずかに見られる

グラフィック graphic
 Before After

グラフィック
品名「名刺」 / デジタルオフセット印刷」 / 用紙「上質180kg」

グラフィックの名刺印刷では、サイトページに「オフセット」と表示されている印刷方式を選択しました。オフセット印刷は、画集、ポスターなどの高級な印刷から雑誌、新聞折込などの大量印刷まで広く用いられている印刷方式です。コート紙と非コート紙とを問わずインクが用紙に浸透して定着するため、印刷面が摩擦を受けても、用紙が削られない限り印刷が薄くなることはないはずです。しかし、従来のオフセット印刷は、手間と時間やコストの点から、名刺・はがきのようなオンデマンド印刷(少量印刷)に使用されるとは思えません。従って、グラフィックの名刺における「オフセット」とは、従来のオフセット印刷のことではなく、ヒューレット・パッカードのインクジェット印刷機 HP Indigo シリーズによる印刷をさしているものと思われます。

HP では HP Indigo シリーズによる印刷のことを「デジタルオフセット」と称していて、この呼称は HP 固有のものです。この印刷方式では、摂氏100度以上に加熱されたインクが用紙に圧着されたとき、水分蒸発と温度低下が急速に進み、用紙の表面にインクがしっかりと定着します。グラフィックの名刺が摩擦に対する耐久性に優れているのは、HP Indigo シリーズの印刷方式の特性によるものと思われます。

【グラフィックの公式サイトはこちら】
http://www.graphic.jp/

Class B
消しゴム30回で影響がはっきりと見られる

ビスタプリント vistaprint
 Before After

ビスタプリント
品名「プレミアム名刺」 / デジタルオフセット印刷 / 用紙「ホワイトマット・209g/m2」

ビスタプリントのプレミアム名刺は、白色度の高い上質紙と思われる用紙にデジタルオフセット印刷で印刷されています。

【ビスタプリントの公式サイトはこちら】
http://www.vistaprint.jp/

Class C
消しゴム30回で印刷が消える

ラクスル raksul
 Before After

ラクスル
品名「通常サイズ名刺」 / 印刷「インクジェットプリンター」 / 用紙「上質紙(ケント)225g」

ラクスルは、自社工場を持たずに全国のたくさんの印刷会社と提携し、インターネットによる全国的な印刷サービスのネットワークを構築している新しいタイプの印刷会社です。写真の名刺もどこのどんな印刷会社が担当した仕事か分かりませんが、ラクスルが定めた製品の規格や品質に則って仕上げられているはずです。従って、このラクスルの名刺の品質が、名刺印刷の全国標準と言えるでしょう。

名刺印刷は、元来、零細な町の印刷屋さんの仕事でした。企業が大手・中堅の印刷会社に発注しても、実際に印刷しているのはそのような小規模経営の印刷会社です。そのような広範な印刷会社の力を結集して製品の品質も統一したことは、ラクスルの功績と言えます。消しゴムでこすると印刷が消えてしまう名刺ですが、それで十分に社会のニーズに応えている名刺であるとも言えます。

【ラクスルの公式サイトはこちら】
https://raksul.com/

関連記事

ページ上部へ戻る